トラッキングの問題

追跡の問題については、以下を参照してください。




定義

歯が治療計画で予定したスケジュールどおりに動いている場合、治療が「トラッキング」しているといいます。 

しかし、アライナーが 適切にフィット し快適であるように思われても、それは歯が意図どおりに実際に動いていることを保証するものではありません。




原因

トラッキングの問題の原因としてよく見られるものをいくつか以下に挙げます。




解決方法

治療がレールから大きく外れすぎる前に目に見えないトラッキングの問題を特定するためのヒントをいくつか以下に挙げます。

  • 治療不遵守の患者については、必ず1日22時間以上アライナーを装着することの重要性について患者を教育してください。治療不遵守の徴候として、定期診察に来院しない、アライナーが異常にきれいである、数週間の装着後依然としてフィットがきついことがあります。アライナーがもうフィットしない場合すぐに医師に連絡する必要があると患者が知っていることを確実にしてください。
  • アライナー内部に唾液が溜まる、または唾液の泡があるのは多くの場合、アライナーと歯の間に顕著な隙間があることを示します。これは切縁に見られる可能性が最も高いです。
  • 組織が白くなっているのは、軟組織に衝撃が加わっていることを示します。これは 印象 でこれらの領域のキャプチャが不正確であったことの結果、または小帯が歯肉縁に伸びている結果である可能性があります。
  • 医師が患者にアライナーを手渡す際にアライナーが完全にはフィットしていなかった場合、数日後にもうフィットしているという電話が患者からあっても、その自己評価に頼らないでください。次のステップに進む前に、経過観察来院を行ってフィットの質を確認してください。  
  • アライナーが 定期診察ででフィットしていても、治療計画と書類を確認して、どの歯が動いているか、またそれらの歯が予定の方向に進んでいるように見えるかどうかを確認する必要があります。歯が予定どおり動いていないことがわかったら、時間をおかず、すぐに行動してください。あとで自然に修正されると期待して治療を継続すると、事態が悪くなる可能性があります。 
この記事は役に立ちましたか?
25人中19人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

さらにご質問がおありですか?
リクエストを送信
気に入ったらシェアしてください。